石垣島ミルククラウンのロゴマーク

事業内容

酪農

搾乳のシーン2006年11月、熊本県阿蘇から2頭のジャージー牛が船に乗って石垣島ミルククラウンに到着しました。現在8頭のジャージー雌牛と2頭の雄牛に増えました。冬でも青い草の生える沖縄で、放牧地と牛舎を自由に往来して1年を過ごします。牛がのびのびと健康に育つこと、安全なミルクを生産できること。この牧場が健全で牛の状態が良好なこと。人に製品として渡るまでの行程の中で、一番の要です。
石垣島ミルククラウンの目指す、牛とのやさしい共存がここで生まれます。


卸製造加工

乳製品集合写真2007年8月より、牧場内の一画に乳製品加工場ができました。すぐ横でしぼったミルクを、ここで殺菌、加工します。窓から牛の様子も見ることができるので安心です。
工場の営業許可項目:
乳製品加工業、アイスクリーム製造業、菓子製造業、乳酸菌飲料製造業


小売【移動カフェ】

ミルクカフェ移動販売車牧場に接している県道206号線の横に、白い移動販売車を置いてアイスクリーム、フロート、ケーキなどを提供するミルクスタンドを営業しています。
2013年4月現在、直販はこの移動カフェのみとなります。
5月から、時々、牧場から県道を10km弱南下した、玉取展望台の駐車場でも開店することになりました。牛と海の見える牧場前の風景と、見晴らしの良い展望台。どちらも気持ちよく休憩していただけると期待しております。生クリーム、サワークリーム、ヨーグルトのパックなど、受注生産の商品も、前日までにご予約のお客様には、現状と同じく、販売車にてお渡しいたします。当日、至急、というお客様には、加工場までお越しいただくこともございますので御了承ください。


不動産【コーポラティブハウス及び集合住宅など建設に関わる企画・コーディネート】

ミルククラウン牧場の全景ミルククラウン牧場の全景建設予定地から望む・クリック拡大↑
沖縄の海のすばらしさ、色鮮やかな緑の風景、そして島人のやさしさ、おおらかさ…
石垣島の海の音を聞いて暮らす事を夢見る人は少なくありません。
太陽の恵みの下で昼を過ごし、深い夜の帳に包まれて眠ることの出来る環境。
それが石垣島の時間です。自然に囲まれた家に住み、歩いて海へ降りて行く。
犬とノートパソコンだけをお供に。
そんな贅沢を叶えるためにこのコーポラティブハウスを企画しました。
同じ願いを持って集まる方たちで作っていく、町としての機能を備えた集合住宅がコーポラティブハウスです。
集合住宅の入居者たちとなる皆さんの手で建設していきます。建築にあたっては建設予定地の地権者である地主がお手伝いを致します。石垣島のコーポラティブハウスは、土地柄から、より自由にのびのびとしたものであるよう心がけています。
皆さんの希望と期待をできる限り叶えていくための建物。住まいを作ることは、夢を実現していく一歩です。
ここから始まる未来へ向けて、いっしょに歩きだしましょう。


石垣島コーポラティブハウス