石垣島ミルククラウンのロゴマーク

コンセプト

これからの10年のこと 

ミルクアイスクリームイメージ2016年10月14日、この牧場で牛乳を製造販売する乳処理業の許可が下りました。小さな小さな島の乳業開始です。

乳牛を飼い始めてから10年、やっと最初の目標に届いたところです。
10年かかったのだなあ、と振り返ると、この10年は楽しい歴史の授業だったような気がします。先達の知恵と理想を追って、牛と共存するために酪農と乳加工業を暗中模索で進めてきました。そして、本来の牛乳販売が始まりました。
この地点に立って、改めて、初心に帰っています。

何のために牧場を始めたのか?

ミルククラウンを大事に思って通って頂いているお客様は、この10年の成果です。これからも続くことを願う、大きな絆です。そして、いつも共に働いて来た牛たちも年を重ねています。10才を越す子たちが、これから毎年増える一方です。ミルククラウンの方針で肉牛にはしません。
生きているものは生かし続ける。
生産のための現牧場と別に、生産性のない第二牧場を計画します。現在も働かない雄牛、搾乳を終えた牛がいます。その牛達も堂々と存在して、価値を見出すための牧場です。経済的な生産は求めませんが、そこには動物と人間が共に生きていることの意味があります。
ミルククラウンは、長らく、一人で切り盛りする個人牧場でしたが、この第二牧場は、内容・規模から考えて、一人では完結しないと思われます。
これから具体的なこと、考えを、積み重ねる時期です。
ご参加、ご意見、ご協力、お待ちしております。

石垣島ミルククラウン  小山内
2016.11月